男性のクラミジアの原因 | 男性のクラミジア性尿道炎の原因って?

男性のクラミジアの原因

クラミジアは性感染症の中でももっともよく知られていて、かかってしまう人も多いのですが、実際にどのような症状が出てどのような治療をすれば治るのか経験してみなければ分からない人がほとんどではないでしょうか?
残念ながら日本ではまだまだ性感染症に対する意識が高いとは言えませんし、特に男性は性交渉には興味を示すものの、性感染症に対してはあまり知識を持っていない人が多いと言われていますので、そのようなことのないように意識を変えていく必要があります。

▼ 目次

クラミジアについて

性感染症に対する意識を変えれば性的なコミュニケーションによるトラブルも少なくなりますし、正しい知識を持つことでさらにコミュニケーションも濃密なものになると思いますから、これを読んでいる皆さんもいい機会なので覚えてください。
ここでは男性のクラミジアについてお話していきますから、今まで性感染症に対してあまり意識していなかった人はもちろん、興味はあったけど知る機会がなかったという人も是非目を通してください。

それでははじめにクラミジアとはどのような性感染症かと言うと、簡単に言えばクラミジアの菌が体内に入ってきて潜伏し、徐々に症状が出てくるという感じになります。
クラミジアは基本的に空気感染することがありませんので、感染するとしたら性的なコミュニケーションによってのみですから、もし自分が感染したとすれば性交渉をした際に相手からもらってしまった可能性が極めて高いです。
つまりたくさんの人と性交渉をしていると誰からクラミジアの菌をもらったのか分からなくなってしまいますし、それでは原因を究明することもできず、また同じことを繰り返してしまいます。
パートナーや配偶者のいる男性の場合、クラミジアに感染して移してしまうと浮気を疑われる原因にもなりますので、身体的なデメリットだけでは済まなくなりますから注意したほうがいいでしょう。

クラミジアの特徴

クラミジアの症状の特徴としてはまず排尿時に違和感を感じたり、排尿困難などが生じるところからはじまり、かゆみや赤みが出てきたり、湿疹のようなものが出たり、白いあるいは黄色い膿が出てくるようになります。
膿が出てくるようになると、さすがに自分でもクラミジアに感染していることに気付くでしょうし、何とかしなければならないと感じるでしょうから早めに泌尿器科かメンズクリニックを受診してください。
できればこのような状態になる前に受診したほうが良いので、性交渉があってから下半身の違和感を感じることがあれば一度診てもらったほうがいいでしょう。

また、先ほどクラミジアは性的なコミュニケーションによって感染すると言いましたが、これはセックスだけでなくオーラルセックスやディープキスによって感染する可能性もあります。
セックスしていないのになんで感染したんだろう…という人はそのあたりを疑ってみたほうがいいですし、たとえば風俗へ行った際にもらってしまうことはよくあります。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの菌の潜伏期間は比較的長めで、だいたい2週間〜3週間程度で自覚症状が出てくると言われていますから、感染してからもしばらくは自覚症状がないまま生活することになります。
もしその間に性交渉があるとその相手にクラミジアを感染させてしまう可能性が極めて高いですし、結果的に感染を広げてしまいます。
このようにクラミジアの原因はあらゆる性的なコミュニケーションによるものなので、そこはしっかり頭に入れておいて欲しいですし、普段から性交渉をする相手としっかりコミュニケーションを取ってトラブルにならないようにしておくことが大切です。

クラミジアの予防

次にクラミジアの予防についてですが、もっとも適切な予防法は定期的な性病検査で、これをやっておくだけでかなり感染の可能性を下げることができます。
性病検査は泌尿器科やメンズクリニックで行うことができますので、少なくとも1年に1度は受けておくと安心です。
性病検査にかかる費用は自由診療になりますので、保険適用外になるのですが、かかりつけ医がいれば融通を利かせてくれるところもありますので、普段から気軽に相談できるかかりつけ医を持っておいたほうが緊急時にも対応できるので便利です。

受診の環境を明確にするのがポイント

これから泌尿器科やメンズクリニックを探すという人も多いと思いますが、探すときのポイントとしてはまず自分の目的が何なのか、そしてどのような環境で診察を受けたいのかを明確にしてください。
たとえば男性にとって下半身の悩みはとてもデリケートなことですから、できるだけほかの患者さんと顔を合わせたくないという希望を持っている人も多いでしょうし、性病だけでなくほかのことも診てもらいたいという人もいるでしょう。
そのあたりの希望を明確にしておくことで自分に合った病院やクリニックを見つけられると思います。
最近ではインターネット上で医療系の専門サイトもありますので、そこで自分に合ったところを探すといいかもしれません。

新着情報

性病の自覚症状とは

性病の自覚症状

性病になったらどうなるのか気になる方は多いでしょうし、もし仮になったとしたら早めの治療が大事です。
そのためにも性病になったときの自覚症状を知っておくといいです。
代表的な性病となるクラミジアの場合でどんな自覚症状が出るのがご紹介しましょう。

男性の性器の症状

性病の典型的な感性部位は性器となりますが、男性の性器がクラミジアに感染すると尿道炎が起こります。
これは尿道で炎症が起こる症状となるのですが、もしそうなった場合の自覚症状はいくつかあります。
まず排尿時の痛みや違和感です。
これまでおしっこをするとき、特に気になる症状はなかった方が大半だと思いますが、性病に感染するとおしっこのときに痛い、何か違和感があるといった症状が出ます。
おしっこは一日に何度もしますから、そのたびに不快な症状が出て気になることも多いでしょう。

このほか、尿道のかゆみ、不快感といった症状もあります。
男性の方で普段尿道の感覚を気にしたことがある方は少ないでしょうが、この自覚症状が出ると、尿道の位置がかゆい、何となく気持ち悪いといった感覚となるのです。
ちなみに尿道は男性器の中を通っており、体の外に露出していませんから、かゆいからといってかけない部位になります。
そのことで余計に気持ち悪い症状となることも多いでしょう。
このほか、尿道から膿が出るといった症状もあります。
尿道の出口は普段おしっこが出る男性器の先端となりますが、ここから膿が出るのです。
おしっことも精液とも違うものが出たら、それは尿道炎による膿の可能性があります。
男性の性器が感染したときの症状はこのようになります。

女性の性器の症状

性病は男性でも女性でも感染する病気で、女性の性器もクラミジアに感染する可能性はあります。
このときに出る可能性がある症状とは、下腹部が痛い、排尿時や性交時の痛み、おりものの増加、不正出血といったものです。
これら症状に心当たりがある場合は、それはクラミジアの自覚症状の可能性もありますから注意してください。

自覚症状が出ない場合もある

クラミジアの自覚症状をご紹介しましたが、これらは必ず出るとは限りません。
症状が出ないこともあります。
男性でも自覚症状がない場合もあるのですが、どちらかというと女性の方が自覚症状が出ない場合が多いです。
そのためクラミジアにかかっていることに気づかず、感染を広げてしまうこともよくあります。
性病の種類によってはこのようなこともあるため、もし自覚症状に気づいたら早めに病院で治療を受けましょう。

泌尿器科での相談

性病は泌尿器科でも治療可能

排尿時の痛みなどクラミジアに感染したかもと思う症状で悩んでいる方もおられるでしょう。
このときは病院で治療をするわけですが、何科に行けばいいか迷いますよね。
クラミジアは性病になるため、性病科は主な相談先となります。
しかし自分の生活圏に性病科の病院が見つからないこともありますし、性病科を選びたくない場合もあるでしょう。
性病科へ通院すると、性病に感染していると周囲にばれやすくなるのですね。
そんなときは泌尿器科での相談も考えてみるといいです。
こちらでも性病の治療ができる場合も多いのです。
泌尿器科での相談 の詳細へ

泌尿器科での検査

行われる検査について

泌尿器科が診ているのは直接患部を診るのが難しい尿に関係する臓器となるため、なにか気になる症状があって病院を受診したときには検査が行われることも多いです。
この検査とはどんなものか、気になっている方も多いでしょう。
泌尿器科の検査は痛いという話を聞いた方もおられるかもしれません。
痛い検査が行われるなら、せめて気持ちの準備はしておきたいですよね。
泌尿器科での検査 の詳細へ

喉にかかるクラミジア

クラミジアは喉にも注意

クラミジアといえばよくある性病で患者数も多いのですが、その感染部位は陰部とのイメージが強いでしょう。
正確にいうと尿道や膣の奥の部位が感染部位となるのですが、このような陰部の周辺が感染部位になるのは性病の典型です。
クラミジアも例外ではなく、やはり陰部周辺はよくある感染部位となっています。
喉にかかるクラミジア の詳細へ

男性のクラミジア

男性は女性にくらべるとやや性感染症に対する意識が低いと言われていますが、男性も性感染症のリスクは同じくらいありますので、しっかりと知識を入れておきましょう。
そこでここでは性感染症の中でも特によく知られているクラミジアについてお話していきますので参考にしてください。
男性のクラミジア の詳細へ